朝日建物管理㈱
小濱 康雄

真夏祭典「天神祭り」が猛暑の中二十五日に行われ、恒例の清掃ボランティアに今年も参加した。小学校に着いても参加者が集まるのが少し遅れたが、結団式から参加できた。花火の後、メインの2号線東向きの車道および側道のゴミ収集作業は、昨年同様のゴミ量の多さ、マナーの悪さ等、大阪の祭りを毎年実感できた。また、花火は下流側しか見えなかったが、夏の風物詩を感じることができた。

茂山 基大

今回初めてこの活動へ参加した感想ですが、率直に「人の振り見て我が振り直せ」と言うことを強く感じました。祭りの見物客の中には私たちが活動している最中、警備、誘導をしている警察の皆さんの警告を平気で無視し、勝手な振る舞いをする人たちを多数見かけました。普段温和な方ですが、内心少しイラッときました。祭りの見物はあまり行かないほうですが、見物時、又は日常でも他人の迷惑を考えるという事の大事さを考えさせられました。捨てるゴミの向こうにも人がいるということ、他者への思いやりの気持ちを日々の仕事や生活をしていく中で深く考えようと思います。

池田 佳子

今年で二度目の参加をさせていただきました。花火前の二回の巡回清掃のみではございましたが、たくさんのごみを拾いました。特にたばこの吸殻が多く、残念だったのが設置しているごみ箱の周りにとても多く見られたことです。これは去年には気付かなかっただけかも知れませんが、何か対策がないかと考えながら巡回をしておりました。来年も是非参加したいと思っておりますので、来年はまた少しでもごみのポイ捨てが減っていたら良いなと思います。一緒に参加した皆様、暑い中おつかれさまでした。来年もよろしくお願い致します。

白崎 敏寛

天神祭清掃のボランティアに初めて参加させて頂き、いい汗をかかせて頂きました。予想外のことが二つありました。一つが待機の間、滝川小学校のグランドでダンボールに寝ころがって、花火を鑑賞できたことです。もう一つは花火大会終了後のメインの一斉清掃でのゴミの量が半端でないことに驚かされたことです。それでも参加したメンバーには協力してきれいにしようという気持ちがあり、私にもひしひしと伝わって来ました。  来年もいい汗をかきに参加させて頂きます。

柄本 広規

清掃ボランティアに参加して今年で7回目となります。参加の度に思うことは毎年々々よくこれだけのゴミが出るものだと感心させられます。清掃ボランティアということでいろんな人々と作業を行うのは有意義なことと思います。参加する迄は気持ちが逡巡していますがいざ参加すると気持ちが昂揚し楽しく過ごす事が出来ました。コミュニケーションを充実させる為にも来年も出来れば参加したいと思います。

金月 良文

今回で三回目の参加になります。今回も晴天にめぐまれ暑い日となりました。九時過ぎからの巡回清掃の時に思ったのですが、交差点付近に設置してあるゴミ箱がゴミでいっぱいで周囲にもゴミがあふれているのを見てゴミ箱を増やすのとゴミ箱に書かれて有るビン・カンなどの文字をもっと大きくした方がお客様もちゃんと分別してもらえるのかなと思いました。

玉井 資康

このたび、天神祭・清掃ボランティアに参加させていただき、暑かったですが、楽しい時間を過ごせたと思います。実は、私、今年で二回目の参加となったのですが、前回は、雨で、あまりいい印象はありませんでした。今回は、天気も良く、清掃活動にも支障が無く、有意義なボランティアになったと思います。

宮原 信孝

天神祭清掃ボランティアは今年で六回目で渡辺橋からタクシーで電車で徒歩で小学校まで行ったり宵宮に本宮に行ったりと色々と思い出があります。ゴミの回収に変化はないですが今年は小学校での待機中に花火を見る最高の場所を見付けました。クツを脱いでダンボールの上に寝ころんで、両方の花火の間を大型飛行機が着陸態勢に入るのを見るのは最高でした。

飯尾 和久

清掃ボランティアに参加して五回目になります。今年もドンキホーテ前は人が多くて通行するのも大変で、ゴミ回収できる状態ではありませんでした。もう少し歩行者が立ち止まらずに通行する方法を考えた方がよいと思います。みな様暑い中長い時間の作業にもかかわらず、おつかれ様でした。また来年も参加させて頂きます。

成 清

私は最初の参加で、何の考え、思いも無くただなんとなくでした。当日皆様に続いて目的地への、そこには、沢山の人達が手順よくボランティアの人のお世話をされているのを目のまえにして、スタートする前からまあ大変と一瞬思いました。ボランティアの方々の中で行動することでモードの切り替えが出来たのでは?大変暑い中でしたが、これからも機会があれば…と思っております。今回の参加に声を掛けて頂いた方に有りがとうございます。

<< 一覧に戻る

© 2011 OBM | 一般社団法人 大阪ビルメンテナンス協会 All rights reserved.